2014年04月29日

夕日と梨

和梨バー
です。

「和梨バー」
口に出して読んでみましょう。
和梨バー。妖怪和梨婆。いそうです。

th_IMG_5619.jpg

以前から何度か梨の味について語った事があるのですが、
俺は梨は好きですけど、
梨味のアイスはなんだか、好きにはなれません。
(リンゴは、リンゴ自体は嫌いだけど、リンゴ味は好き
 ナシは、ナシ自体は好きだけど、ナシ味は好きでない。)

th_IMG_5621.jpg

梨味といえば、ガリガリ君を思い出します。
しかし今回のこのアイスはガリガリ君ではないわけです、
梨のアイスキャンディーの中には、さらふわ梨味シャーベット。

ただし、やっぱり味はまったりとした口に残る甘みの、
梨味がします。
ガリガリ君に比べるとアク?のような部分がなく、
ガリガリ君のしていた、梨味の再現というよりは、
梨の甘みを抽出したような味、というのが近いかもしれません。
まぁいずれにしても、梨の味が好きかどうかで分かれるところかなぁと思います。

[
名前:和梨バー
種類別:氷菓
ブランド:SEVEN&i PREMIUM
販売者:
製造者:赤城乳業株式会社

内容量:110ml

エネルギー:93Kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:24.2g
ナトリウム:6mg

購入金額:72円
購入場所:セブンイレブン
]

アイスブログ・ポエムポエムアイス

「まだ怒っているんデスカ」と言って、みまるは僕の横に座った。
ほどよく黄色に熟した梨を両手に持っている。
梨狩りのために着た梨園(なしえん)で、
カップルや親子連れの他の客たちが方々で梨をもいでは、その場で皮をむいて食べたり、腕に下げた持ち帰り用のカゴに入れたりしていた。
梨の枝は僕たちの背丈程に低く這うように広がっていて、小さな子供でも背伸びすればすぐに届くくらいの高さに実がなっている。
ビニルシートを広げた上で腰を下ろしている僕は、お尻に雑草のごわごわと石のごつごつを感じていた。
僕はみまるを無言で見返した。
まだ怒っていた。
「そろそろ機嫌直したらどうなのデス?」とみまるは僕の顔をのぞき込む。
僕は、暗くて黒くて深いインクを垂らして描いたようなみまるの瞳を覗き返す。
そこには小さく映り込んだ僕が居て、その僕もやはり怒っている。
昨年の今頃から作り始めたクアッドローターヘリコプターを、みまるがぶっ壊したのだった。
海外の大学のサイトに載っていた設計図を翻訳し、電子回路の基盤も自分で発注した所から始め、国内では手に入らない部品は空輸までした。
手のひらに丁度載る、オニヤンマくらいの大きさの、小さなプログラミング型自律制御クアッドコプターを作ろうとしていた。それを5機ほど。丁寧に慎重に部品を組み立てていった。延べ15万円以上はかかっているだろう。そこに加えて、かなりの手間ひまも費やしている。
「あーん、してクダサイ」と言って、みまるは僕の口元に、一口サイズに切った梨をつまんで寄越す。
僕は口を開けて雛のようにそれを食べるけれど、機嫌を直したりしない。
機体自体は出来上がってはいた。飛行試験までして、あとはかっこ良く塗装してフィニッシュ、という所だった。塗装までしてやっと完成、と思っていた。
完成するまでの行程を動画サイトに投稿しようとしていたし、実際みまるに一機ぶっ壊されたものまで含めて動画にして、そのアクシデントも確かにコンテンツとして消費はした。
もいだばかりの梨はとても甘くて、昔家で食べた梨とは全然違うもののように思えた。
家で食べたのは冷たかったので、この甘さの違いは温度のせいかも、と少し考えたが、やっぱり単に味が全然違うのかもしれない。
「もひとつ、あーんデス」と、みまるは僕にもう一切れ近づけてくる。
あーん、と僕はまた間抜けに口を開けるけれど「あっ」というみまるの声がして、
その一切れはみまるの太ももとビニルシートを経由して地面の上に落ちていった。
拾って食べようとしたのか、みまるは少しそれに手を伸ばしかけてひっこめた。
作っていた5機のうち1つは、僕の不注意で床に置きっぱなしだったものをみまるがスリッパで踏み潰した。
これは怒っていない。僕が悪いし、みまるに傷がなくてよかった。
問題は残りの4機だった。
あろうことか、みまるは勝手にクアッドコプターのプログラムを変えた上に、LEDを取り付ける改造を施してしまっていた。
二日前、バイトから帰ってきたばかりの僕に、ちょっとみてくだサイ、と言ってみまるは部屋の電気を消すと、部屋の中に点滅する光が現れた。後で知ったが改造されたクアッドコプターのLEDの光だった。
4機のクアッドコプターは器用な飛行で「アリガトウ」という光の文字を空間に残すと、開いていた窓にスーッっと向かってそのまま外に出ていった。直後にガシュ、ガシュ、ガシュ、ガシュと4体が順に仲良く電柱にぶつかった音がした。
プログラムが変えられていたので当然障害物も避けなかったのだ。
ローターの音ですぐに気付くべきだったけれど、この時にようやく僕はその光がクアッドコプターだったと気付いて青くなった。
みまるは、電気をつけると、得意気な顔で「改造して家出コプター作ってみまシタ! アリですよネ」と言った。
僕は「ナシです」と言って、泣きそうな表情で落下したクアッドコプターを取りに行った。
そういうわけでみまるは僕の機嫌を取るために僕を梨狩りに連れてきていた。
僕はビニルシートで膝立ちになって、周りにある木の梨だけ取って食べた。
みまるはこの梨園の隅々まで梨の木を見回って、色々な人と楽しそうに話をし、慎重に梨を選んでは取ってカゴに入れていた。僕はじっとその様子を見ていた。
暫くぼーっとしていると、やがて梨狩りの終わりの時間が来ていた。
みまるはビニルシートでぼーっとしている僕に近寄ってきて
「そろそろ帰りマスよ」と言った。そして、「あ」と足元を見た。
僕もみまるの視線の先を見遣ると、さっき落とした梨の切れ端に、蟻がやってきていた。
「アリですよネ」と、みまるは言った。
「ナシです」と、僕は言った。
みまるが両腕に提げたかごにはいっぱいの梨があった。
僕はそのうちの一つを持って、梨園を出た。
帰りのバスから夕日が見えた。
久々に見る綺麗な夕日だった。
「世界が終わるときの夕日みたいデスネ」とみまるは言った。
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

名前はチョコミント

Chocolate Bar CHOCO MINT
チョコレートバー チョコミント
チョコチップ&ココアビスケット
です。
ミントアイスの外側にチョココーティング、中にチョコチップとココアビスケット。

th_IMG_5612.jpg

チョコミントのアイスなだけでなく、
中にココアビスケットまで入れてしまうのが心憎いです。
チョコとミントだけでええんちゃうの、という気もするのですけど、

th_IMG_5613.jpg

まぁ、両方入れたかったのでしょう。
チョコミントですけれど、そこまでミントが強い訳ではなくて
その分の力がココアビスケット側に割かれている感じ。

というかクッキーとかビスケットがアイスに入っているのは歓迎なので、
個人的にはこれはよい判断。
昔はチョコミントなんて……という感じだったのですが、
最近はチョコミントも認められる程にはおとなになりました。
このアイスちょっと変化球のチョコミントですけれどなかなかよいです。

[
名前:Chocolate Bar CHOCO MINT チョコミント チョコチップ&ココアビスケット
種類別:アイスクリーム
ブランド:AKAGI
販売者:
製造者:赤城乳業株式会社

内容量:75ml

エネルギー:245Kcal
たんぱく質:2.4g
脂質:16.3g
炭水化物:22.7g
ナトリウム:63mg

購入金額:130円
購入場所:ローソン
]


アイスポエムブログポエム、ブログポエム。

吾輩はアイスである その1

吾輩はアイスである。
名前はチョコミント。
中にココアクッキーと、チョコチップが入っている。
アイス仲間からは、異端、異端といわれるが、
至極真っ当なアイスである。
吾輩は常々、女子高生に食べられたいと思っている。
隣にいたバニラアイスは小学生に買われていった。
吾輩はどのような人に食べられるのだろうか。
かわいい子に食べられたい。
それがかなわないならせめてイケメンだとよい。

おっさんに買われた。
仕事の昼休みにコンビニに寄った感じの、
おっさんに買われた。
吾輩はアイスである。
名前はチョコミント
おっさんに買われたチョコミント。
おぉ、乾燥してひび割れた唇で吾輩を食べようというのか。
おお。
おぉ。
吾輩は不幸なチョコミント。
もっと可愛い女性に買って欲しかったチョコミント。
唇に残るチョコレートを気にしながら中のココアビスケットを楽しんでもらいたかった、
ただのしがない、アイスのチョコミント。
吾輩を買ったのはおっさん。
吾輩を買ったのはサラリーマンのおっさん。
おっさん、
仕事頑張れよ。
おっさん。
吾輩はアイスである。
頑張って仕事をする、おっさんに買われてしまった、
名前は、チョコミント。
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

あなたは高級なのか

アーモンドチョコバー
です。

セブンイレブンで購入。

シンプルなアーモンドチョコバーながら高級指向のアイスですの。

th_IMG_5609.jpg

箱もツルツルとサラサラの混じった表面で、一段上な感じ。
個人的にはパッケージよりもその分を中身に向けてくれたらと思うのです。

th_IMG_5611.jpg

th_IMG_5610.jpg

バニラビーンズ入りバニラアイスクリームを
アーモンド入りチョコレートでコーティング。
比較的よくある感じのアイスバーに仕上がっています。

やっぱり高級指向な感じがするのはアイスのしっかりしたバニラ味のせいでしょうかね。
あと、チョコレートに関してはアーモンドがなかなか強め。
チョコ自身も多いので
口の中でアイスがとけた後にチョコレートが残るのがいいですね。

[
名前:アーモンドチョコバー
種類別:アイスクリーム
ブランド:SEVEN&i PREMIUM
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:株式会社ネージュ

内容量:90ml

エネルギー:297Kcal
たんぱく質:4.2g
脂質:21.8g
炭水化物:20.9g
ナトリウム:42mg

購入金額:199円
購入場所:セブンイレブン
]


アイスブログポエム

道ゆく少女が、手にしていたアーモンドを落とした。
あっ、と小さく叫んだが、道に転がったアーモンドは通り過ぎたトラックに轢かれて(あるいは挽かれて)しまった。
少女は粉々になったアーモンドを眺めていた。
通り過ぎてゆく車に対して成す術はない。
その時一台のトラックが横転して、たまたま積載していた溶けたチョコレートがこぼれ、道に広がった。
倒れたトラックの運転席から男が這い出してきて、トラックと、商品であった積み荷のチョコレートが道端に広がった様子を眺めた。
そのとき、近くで大きな音がしたのち、空からバニラアイスが大量に降ってきた。
アイスクリーム工場が爆発して、アイスが飛び散ったのだった。
アーモンドの上にチョコがこぼれ、その上にバニラアイスが降ってきた。
そこになんでも食うジジイがやってきて、それを食べて「うめえ」と言った。
周りに居た人たちもわらわらと近寄ってきて道に広がったクラッシュアーモンドとチョコとアイスの山をすくって食べると、みな口々にうまいうまいと言い出した。
アーモンドを落とした少女も、トラックを横転させた運転手も、それを口にして、おいしいと思った。
これはなかなかおすすめかもしれなかった。
ここにアーモンドチョコバーは生まれた。

(何でも食うジジイ【ナンデモクウジジイ】
 妖怪。見た目がじいさんの、何でも食べる妖怪。落ちている物を特に好んで食べる。
 妖怪小豆荒いが洗った小豆を食べて食中毒になる事がよくある。)





※追記 2015/04/10

SEVEN & i PREMIUM
アーモンドチョコバー
です。

th_IMG_1111.jpg

これめっちゃうまいな。

th_IMG_1114.jpg

アーモンドのボリュームあって食感たっぷしで食べ応えあるし、


th_IMG_1115.jpg

アイスうめえ!
バニラビーンズ入りなの非常にポイント高い。
こういうチョコバー系でバニラビーンズ入りはなかなかお目にかかれないし。
特別感あるぞい。

☆☆☆☆
パッケージが以前に比べ、箱から袋入りへと変更されているけど、これは気にしない。
なぜならおいしいからだ。

というか味がいいまま値段下がっているけど、これは俺の
「パッケージは安くてもいいから」という願いが地味に届いたのでは?

[
名前:SEVEN&i PREMIUM アーモンドチョコバー
種類別:アイスクリーム
ブランド:SEVEN&i PREMIUM
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:株式会社ネージュ

内容量:90ml

エネルギー:314Kcal
たんぱく質:4.6g
脂質:23.5g
炭水化物:21.0g
ナトリウム:39mg

購入金額:189円
購入場所:セブンイレブン
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

とろりんシュー

スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味
です。

th_IMG_5602.jpg

二個買ってしまいましたよ。

th_IMG_5607.jpg

なぜなら、うまそうな感じしかしないからですよ。
うまいか、うまくないかは、食べる前から決まってる気がしますよね。
決まってますよ。
なんか雰囲気的にこれはうまいんです。

th_IMG_5604.jpg

外側のアイスキャンディー部分がシュー皮風味アイスで、
中のガリガリのかき氷部分がミルクカスタード風かき氷、
で、中にはとろーりとしたミルクカスタード風ソースが入っているようです。

この前テレビ見てたらこのガリガリ君の話をしていて
冷たくてもとろとろのカスタード風ソースをがんばって作ったとか言ってましたよ。
やっぱこのソースがあるおかげでカスタード感あっていいですね。
まぁシュークリーム自体元々好きだったので期待してたというのもありますけれど
うまいっすわこれ。

th_IMG_5608.jpg

実は俺のオススメポイントは
このシュー皮風味アイス部分。
上の方だと、クリーム部と一緒に食べる事になるので、
この根元の、アイスキャンディーだけ部分を味わってみるのがよいです。
ちょっとほろ苦さのかかった甘いアイス。
シューの味を再現できてる気がする。
アイスキャンディー部分も結構いけるのだ。
これはかなりおすすめですねー。

ちなみにセブンイレブンでしか売っていなさそうです。

[
名前:スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味
種類別:アイスミルク
ブランド:AKAGI,SEVEN&i
販売者:
製造者:赤城乳業株式会社

内容量:100ml

エネルギー:164Kcal
たんぱく質:2.0g
脂質:7.5g
炭水化物:22.3g
ナトリウム:40mg

購入金額:149円
購入場所:セブンイレブン
]



というわけでアイスポエムブログ

スイーツ星系第四惑星ヨガシ
知的生命体が存する限りは国境というのは消えないものなのかもしれない。
私はヨガシの衛星軌道上で大陸にある見えない国境を眺めていた。
地上に散布された情報収集ブイは私に色々と教えてくれる。
最初にヨガシに知的生命体が現出してから今で四百万年となる。
その知的生命体の名前は、彼ら自身の言葉で「シュークリームス」といった。
また時期を前後して、彼らと根元を一にするも別の系統の、
後に「エクレイア」と呼ばれる知的生命体も誕生していた。
文明の獲得がほんの数十万年違っていただけだが、
その間にシュークリームスは多くの文化や技術を生み出し、
惑星ヨガシ上での版図を広げていった。
シュークリームスの生存圏がエクレイアの生存圏と重なり始めた時に起こった事は、
我々の文明にとっては分かり切ったことであった。
幸いだったのはシュークリームスがエクレイアを根絶やしにはしなかったという点だ。
勿論幸いというのは、我々にとってであり、あくまで主観的な意見でしかないが。
シュークリーム暦という名の暦が発明されたので私もそれに倣って年表形式で軽くこのヨガシで起こった事を記しておく。

紀元前400万年
種としてのシュークリームスの分化(これは私ですら同定できないのでおよそ、という接頭付きになる)
紀元前330万年
エクレイアの分化
紀元前10万年
シュークリームスにおける初期の巨大都市プロヒトの誕生(10万人規模、後に私のドロップ兵器により消滅)
紀元前2000年頃
四大大陸のうちの三つまでをシュークリームスが踏破
残った一つの大陸ではエクレイアが勢力を広めていた
この時点で既にどちらの種も固有の言語を話していた
(シュークリームスはおよそ200種、エクレイアでは100種程度)
紀元元年
現在「シューの穴」と呼ばれている宗教の教祖の出現
シュークリームス側には30程の大国家とその他多くの都市国家が乱立
それに対しエクレイア側は大国家は5つ程であった
またいずれの側も、同じ種族間で戦争は間断なく起こっていた
紀元1200年頃
シュークリームス側の発達した航海術により、エクレイアが繁栄していた大陸が発見される。
シュークリームスはその大陸を開拓しはじめ、
生存圏の被ったエクレイアはシュークリームスに駆除された。
それでも生きていたエクレイアは労働力としてシュークリームスに捕らえられた。
エクレイアもシュークリームスも、個体の知能水準はさして変わらないが、
これほどの差が出てしまったのは結局の所、ほんの少し先に文明が発達したというだけの事なのだった。

見える国境、見えない国境、多くの国境がある。
私がこの惑星ヨガシを見ていて思うのは、争いについてだ。
我々の文明ほど争いが好きな文明もなかったろうが、それでもこのヨガシの住人たちも大したものだ。
ある国境は言語によって隔たれ、別の国境は同種族間の些細な見た目の違いで分たれ、
また別の国境は信ずる宗教によって壁を与えられている。
私のスケールで見ていると国境はたおやかにそよぐカーテンのようだ。
そのカーテンはささやかな風で地表を撫でるように棚引いて多くの血を流す。
あぁ、美しい。
同じ星に住む生き物同士で、そこここで勢力圏の鍔迫り合い。
小さな諍いが大きな戦争へと発展することもしばしばで、
私は衛星軌道上でそれを優雅に眺める。

紀元1600年頃
エクレイアの反乱
寒帯での生存に強いエクレイアは北方の国で多く繁殖し、
被支配種族であったエクレイアはその地において、支配種族であるシュークリームスよりも圧倒的に多数となっていた。
少数者による支配の限界を越えて、ついにエクレイアは反乱を起こす。
シュークリームスの歴史において初めての、エクレイアによる国家の勃興であった。
(この反乱の成功は私によるエクレイアへの兵器技術供与も背景にある)
紀元1900年頃
反乱後エクレイアは勢力を広げて、二大陸をその支配下に置いていた。
種族を無視して見てみると、惑星ヨガシにある国はおよそ二百程あった。

惑星ヨガシには、言葉で繋がれた国家があり、思想で繋がれた住人があった。
つかの間の平和もあった。
そしてそこに隣り合って、常にどこかで争いはあった。
同じシュークリームス同士やエクレイア同士での争いもあれば
中にはシュークリームスとエクレイアが同じ神を信じて共に暮らす国家もあった。
線香花火の火花のように、そこここで絶えず弾け続ける戦火を私はうっとりと眺めている。
これはかなりおすすめだった。

紀元2000年頃
進化と遺伝子の発見
科学文明の発展が齎した、最大の出来事であった。
シュークリームスとエクレイアは、遠い祖先で繋がっているということが分かった。
シュークリームスとエクレイアのどちらにも入っていたカスタードクリームがその発見の鍵となった。
更には惑星ヨガシにある生物種は全てが根を一つに辿ることができるという事実までも判明した。
かつてよりそのような説を唱える者はいたが、それが事実だと証明されたのだった。
紀元2050年頃
世界政府の登場
シュークリームスとエクレイアという種を超えた国家間連携の舞台の登場。
それには遺伝子の発見によってお互いが同種の親戚のようなものだと判明する事が不可欠だったろう。
ヨガシ上に現れた最も初期の世界政府だった。
これにより彼らは協調する事を知った。
紀元2100年頃
私のドロップ兵器によりエクレイアの都市が一つ消滅する。
惑星外からの脅威に対抗するためにヨガシの国家は協同で宇宙開発を急ぎ、
2112年には初めてヨガシ重力圏外へと構造物の射出に成功する。
紀元2160年
軌道衛星上における私との接触、交戦
シュークリームスとエクレイアによるヨガシの協同戦線は、
私とのファーストコンタクト後、
私を惑星ヨガシ外の外敵と認定、ワガシと名付け、私へ攻撃を開始する。
(彼らからするとファーストコンタクトであるが、私からすると接触は初めてではない)

現在においても、私は彼らと戦争状態にある。
以前、国境をカーテンに喩えたが、今だったらさながらオーロラが国境みたいなものなのかもしれない。
私は丁寧に育て上げた彼らと戦を行う。
私は彼らとこれをするために今までずっとここにいたのだ。
楽しい。実に楽しい。
我々の文明でも絶えなかったが、ここでも戦争は絶える事はないだろう。
私が彼らを安寧な場所に置かせはしないし、
いつか彼らの文明が私を凌駕して私を倒しても、恒久の平和は訪れないだろう。
そして私はまた一つ、雫を地上に垂らすのだ。



※追記 2015/04/03

スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味
です。

th_IMG_0794.jpg

1年ぶりです。
基本的に同じなので前回のレビューに付け加えることは特にありませんが
一応相変わらずうまい事は付け加えておきます。

th_IMG_0797.jpg

もういっそシューアイスでいいじゃねえのという感想を一蹴するうまうまな
ガワ(シュー)味アイスキャンディー。

th_IMG_0798.jpg

うます。
そして中のとろーりとしたカスタード味ソース、
これまたうます。

th_IMG_0799.jpg

☆☆☆☆

セブンイレブンにて購入

[
名前:スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味
種類別:アイスミルク
ブランド:AKAGI SEVEN&i PREMIUM
販売者:
製造者:赤城乳業株式会社

内容量:100ml

エネルギー:171Kcal
たんぱく質:2.2g
脂質:7.8g
炭水化物:23.2g
ナトリウム:39mg

購入金額:149円
購入場所:セブンイレブン
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

いちごモナカプレート

いちごモナカ
です。
セブンイレブンで購入。

th_IMG_5507.jpg

セブンイレブンのアイスモナカ特有の
なんか平たい感じのモナカ。
モナカ部分はサクサクしていておいしい。

th_IMG_5509.jpg

いちごのアイスが結構本気出していて、
中に果肉も入っていて、しっかりといちごの味がします。

パッケージ裏の説明によると
「いちご風味もなか皮」とあるのですが、
そこはあまりよくわかりませんでした。
これはまぁおいしいです。

[
名前:いちごモナカ
種類別:アイスクリーム
ブランド:SEVEN&i PREMIUM
販売者:森永製菓株式会社
製造者:森永エンゼルデザート株式会社

内容量:120ml

エネルギー:307Kcal
たんぱく質:3.5g
脂質:19.0g
炭水化物:30.5g
ナトリウム:46mg

購入金額:199円
購入場所:セブンイレブン
]

アイスブログポエム

窮屈そうに黒いスーツを着た屈強そうなその男は要人警護の仕事をしていた。
そこにいるだけで周囲を威圧できる風貌の彼を見ていると、
天職という言葉が思い浮かぶ。
彼を見て気持ちが萎えたせいで、未然に防がれた事件も多くあったろうと想像される。
来日したVIPのまわりに陣取り、危険因子を察知すべく眼を光らせる。

ボディガードなぞ、活躍しないに越した事はないが、
この日はそうはいかなかった。
要人がリムジンに乗り込む隙を狙って、
銃を持った男が近づいてきたのだった。
ボディガードの男はいち早く要人に近づき、
まるで盾のように身を挺して要人を守った。

他のボディガードが素早い身のこなしで、銃を持った男へと近づいたが、
銃声は鳴ってしまった。
放たれた弾丸は?
多くの者にとっては一瞬の出来事であったが、
その周囲だけは圧縮された時間が流れているかのようであった。
弾丸は、要人を庇った屈強なボディガードへと、着弾していた。
不幸な事は、彼の着込んだ防弾チョッキの継ぎ目へと弾丸は命中し、
防弾チョッキで弾丸の貫通を防ぎきれなかったことだ。
幸福だった事は、彼は防弾チョッキの下におやつのいちごモナカを隠しており、
速度を削がれた弾丸は最後、いちごモナカのアイスの中に埋もれて止まった事であった。

後日彼は次のように漏らしていたという。
「不幸中の幸いだったって?冗談じゃない。
 俺のアイスがダメになっちまったじゃねえか
 ハッ! まぁまぁおすすめだな!」
と。
その後マスコミに取り上げられ、幸福のいちごモナカとしてバカ売れしたという。
うそです。
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

様々なものを同時に

聖徳太子という人物をご存知だろうか。
日本ではかつて紙幣にもその肖像が使われていた。
最近ではその存在自体が疑問視されたことなどもあったようで、教科書への記述が変わったり減ったりしたらしいが。
しかしその歴史の教科書でも最初の方に載っていたので、知っている方も当然多い筈だろう。
聖徳太子を知っているかしつこく訊くと激怒する方も中にはおられるかもしれない。
日本の歴史で初めの方に出てくる分、他の歴史上の人物よりも覚えられやすいというアドバンテージもある。
私などは教科書の後半に出てくる人物なんて殆ど覚えていない。
まぁいずれにせよ、歴史上の人物界の中でもメジャーな存在だと言っても異議を唱える方はそれほどいないだろう。
実在したかどうかは別としてだ。
ところで私がなぜ聖徳太子の話をしているのかというと、
私は成人における複数話者の弁別についての研究を行なっていたので、
聖徳太子が同時に10人の人の話を聞き分けたという逸話が気になってしまったのだ。
実際の所私にとって十七条憲法がどうとかより、何人の話まで聞き分けられたのかの方が気になるのだ。
ウィキペディアなど見てみると、まぁそんな事ないだろ、という感じであった。
そんな事が本当にできたのか。真相はどうであったのだろうか。
というわけで、タイムマシンとコピー装置を作った。
過去に行って実際に聖徳太子に会ってみようと思ったのだ。
コピー装置は何に使うかというと、私自身を複数コピーして、
同時に色々な事を聖徳太子に話しかけるためだ。
タイムマシンに乗り込んでオートサーチで聖徳太子を検索し、
見つけたので、そこに向かった。
私は聖徳太子に会った。
私「こんにちは、あなたが聖徳太子さんですか?」
聖徳「いかにも、私が聖徳太アイスです」
私「私は未来から来たのですけど、今日、ここに来たのは、
 あなたが10人もの人間の言ってる事を聞き分けられるというのが本当かを調べるためなのです
 (ところで今”聖徳太アイス”と聞こえた気がしたが気のせいだろうか)」
聖徳「10人の人の声を聞き分ける? なんですかそれ」
私「あなたは未来の人間から、かなりすげえ人物と思われてるのです」
聖徳「それめっちゃ盛られてます。そんなのできません。無理です」
私「そうですか。(出鼻をくじかれた。コピー装置も無駄になってしまうな)」
聖徳「そんな事できるわけないでしょ常考」
私「そっか。残念です。厩の前で生まれたってのは本当ですか?」
聖徳「いや自分が生まれたトコとか覚えてないしね。君はおぼえてんの? 自分が生まれた場所」
私「いや……まぁ確かに自分では覚えてないですけど、知ってはいますよ」
聖徳「まぁ私のおかんも"アンタは厩の前で生まれたんやで"って言ってたし、厩の前で生まれたのは多分そうじゃね?」
私「あ、一応ホントなんですね(じゃあ何ださっきの返事は。むかつくな)」
聖徳「おかんが怒ったときは"アンタは橋の下で拾ってきたんや"って言ってたけどね」
私「はぁ……」
聖徳「未来の食べ物とか、なんかちょうだいよ」
私はそのときちょうどBITE(バイト)というアイスを持っていたので、それを渡した。
聖徳「何これ!冷たい。
 味は、まぁまぁそれなりですね。
 これなんて言う食べ物なの?」
私「アイスクリームと言います。氷菓子の一つですね」
聖徳「アイスかー、私の名前と似ているね」
私「?」
聖徳「聖徳太アイス」
私「聖徳太アイス……(聞き間違いではなかった)」
聖徳「ムム……!
 このアイスにはココアビスケットとチョコレートとアーモンドとミルクアイスと、アイスの中にチョコチップが少し入っていますね」
私「すごい……! 同時にアイスの5個の素材を見分けた!」
聖徳「フフフ、人の声なんて聞き分けはできませんが、アイスの中身の判別なら誰にも負けませんよ。」
私「さすが聖徳太アイスさん……」
聖徳「こんなに一度に色々な素材の味が楽しめるなんてね。
 伊達に袋に”まとめてほおばる贅沢サンド”と書いてある訳ではありませんね。」
私「ひらがな読めるんですね」
聖徳「よめます」
私「じゃあ帰ります」
聖徳「さよなら」
私「さよなら」
そして私は、再び平成の現在へと戻ってきた。
「ただいま」
私2「おかえり私」私3「なんだよ今更戻ってきやがって」私4「新しいアイス買っておいたぞ」
私5「帰ってこなくてもよかったのに」私6「どやさどやさ」私7「おっ、オリジナル私じゃん」
「おいおい、私たち。同時に喋ったら訳がわからんだろ。聖徳太子じゃないんだから」
結局私は、聖徳太アイス氏との出会いによって味覚の判別へと興味が移り、
研究も話者弁別から味覚研究へとシフトしていく事となるのだった。

というわけで

BITE バイトです。

th_IMG_5503.jpg

シンプルとは言いがたい、
色々といれてみたアイスです。

th_IMG_5505.jpg

チョコチップ入りのアイスをココアクッキーでサンドしてあるのですが
そのクッキーも上にチョコとアーモンドが載っています。
パッケージに「まとめてほおばる贅沢サンド」と書いてあって
同時にいくつもの素材の味を楽しめるというのが売りなようです。

th_IMG_5506.jpg

まぁ忌憚なく書かせてもらうと、これもポロポロ落ちるアイスの系譜で、
食べようとするとココアクッキーがポロポロいきます。
アイスそのものより、アイス以外のココアクッキーなどの部分が結構自己主張している感じ。
クッキーもアイスもチョコもそれなりにはおいしいのですが。
個人的にはもうちょっと比率がアイス寄りであった方がうれしい。

[
名前:BITE バイト
種類別:アイスミルク
ブランド:AKAGI
販売者:赤城乳業株式会社
製造者:豊和食品株式会社

内容量:80ml

エネルギー:284Kcal
たんぱく質:3.8g
脂質:14.4g
炭水化物:34.5g
ナトリウム:78mg

購入金額:130円
購入場所:ローソン
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

オチのない。

3つの果実むいちゃいました
みかん 白桃 パイン
です。

th_IMG_5497.jpg

これ単なる冷凍果物じゃねえか!という気がしないでもないです。

th_IMG_5500.jpg

みかんです。

th_IMG_5499.jpg

パインです。

th_IMG_5501.jpg

白桃です。
改めて、これ単なる冷凍果物じゃねえか感が漂うのですが、
しかし、パッケージを見直すと
みかんは「果肉83%」となってますし、白桃とパインは果肉果汁96%となっております。
どういうことだってばよ……。
まぁ多少加工はされてるのでしょう。
シロップに漬けなどしたあと冷凍してるとか。

でやっぱ食べてみても冷凍みかんであり、冷凍パインであり、冷凍白桃なのです。
これらの果物は冷凍果実界では比較的メジャーな果物たちなので
あまり珍しい感じもしません。
(他のアイスなどでもよく入っている果実なのです)
味もまぁ、そのまんまだよな、という感じです。

[
名前:3つの果実むいちゃいました みかん 白桃 パイン
種類別:氷菓
ブランド:Kracie
原産国名:中国
輸入者:クラシエフーズ株式会社

内容量:50ml

エネルギー:36Kcal
たんぱく質:0.2g
脂質:0g
炭水化物:8.9g
ナトリウム:2mg

購入金額:216円
購入場所:
]


という訳で、アイスポエムです。
(この話はフィクションなので登場する人物とか団体とかは実在するやつとは別に何も関係ありませんが一応食べたアイスに関係のある要素は出しています)


小学校三年の頃だったかと記憶している。
年末だったので冬休みのちょっと前だったかと思うが、
私のクラスに転校してきた田面くんという子がいた。
うちの近くに引っ越して来たようで、
僕は田面くんとすぐに仲良くなり、
学校が冬休みになってから、すぐに遊ぶようになった。
元々僕には、よく一緒に遊ぶグループの、サツマンとゴッチンがいて
田面くんはそこに一人加わる形になった。

ある寒い日、僕と二人で遊ぼうということになっていた時、
田面くんは、百貨店のマークの入った紙袋を重そうに持ってきて
僕にくれた。
「なにこれ」
「みかんだよ、あげる」
開けるとそこには確かに、橙色をしたみかんがぎゅうぎゅうに入っていた。
「こんなにいっぱい、いいの?」
「いいよ。あげる」
「サツマンとゴッチンにも、分けていい?」
「だめ」
だめ、と言われて僕は面食らった。
どうして友達にあげたらいけないんだろう。
「どうして?」
「だめったらだめ」
その時は何も思わなかったし、それから数年経っても何も思わなかったが、
今思い出して考えてみると、"僕は君を特別扱いしてやるから、君も僕を特別扱いしてくれ"という言外の意思表示に違いなかった。
でもその頃の僕は他人の気持ちにそこまで敏感ではなかったので、
物で僕の気を引こうといういじましいやり方に気付いてすらいなかった。
気付いたとしても、僕はそれに対して嫌悪をもったりはしなかったろう。
尤も、今だって人の機微には鈍感なので、人とのやり取りをしていて、
相手が怒り始めて暫く経ってから原因が自分のせいだと気付く事もすくなくないのだが。
とにかく、僕にとっては「他人が何かを僕にしてくれる」事は、ただそれだけの事であって、
「した事に対しての見返りを求めている」などとは、夢にも思わなかった。
だから僕がそのみかんを結局サツマンとゴッチンにも分けてあげた事が田面くんにばれたとき
どうしてあんなに怒ったのかは理解できなかった。
今なら多少は理解できるが、それでもやはり僕には理解を超えている。
当時の僕としては、やはり、田面くんから僕だけが特別扱いされるのは、
それによってサツマンやゴッチン、つまり昔からの友人の方を裏切るような気がして、それはそれでイヤだったのだろう。その時の自分の気持ちはそれほど覚えていない。
ただ田面くんがすごく怒っていたのだけは、よく覚えている。
約束を破られた、だけではなく、それ以上に怒っていた。
僕は結局、「君だけにみかんをやるから、僕を特別扱いしてくれ」と、
はっきりと見返りを要求されないとそういった事は理解できないのだ。
僕も田面くんも、そこに横たわっていたお互いの圧力を無自覚に押し付けあっていたのかもしれない。
それでも結局僕はみかんについて謝って、仲直りはできた。

僕たちは学年が上がり、4年生になってからの夏だったと思う。
田面くんは僕に、今度はパイナップルの缶詰をたくさんくれたことがあった。
今度もまた田面くんは僕にだけくれて、他の友達に分けるなという約束をして、
そしてまた僕は、田面くんを裏切ってしまったのだった。
基本的に僕は後悔するタイプの人間ではないのだが、
何かについて後悔せよと言われたら、そのことについて後悔するだろう。

田面くんはまた転校することになった。
あれから僕は田面くんとは徐々に距離が出来てゆき、急激に疎遠になっていた。
けれど、また転校してしまうとなると話は別だ。
田面くんが転校するという当日、学校が終わるとすぐ、
僕は白桃を抱えて田面くんの住んでいた市営住宅に向かった。
表札にはもう名札が刺さっていなかったけれど
僕はインターホンを押した。
誰も出てこなかった。
何度押しても、やっぱり出てこなかった。
田面くんは既に引っ越した後であった。

僕は桃を市営住宅の敷地の隅の一角に埋めた。

という話を妻にすると、
「オチは?」
と訊いてきた。
「え?」
「オチは?」
「ないけど」
「オチないのかよ!」ズコー!(妻のこける音)
と言われた。
オチはないのだ。
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

極小微細のアルフォンソ

むかしむかし、あるところに
おじいさんとおばあさんが住んでいました。
こうれいかしゃかいでした。
おじいさんは山へしばかりに、
おばあさんは川へせんたくにいきました。
おばあさんは、せんたくきのせつめいが、むずかしくて、つかえませんでした。
でじたるでぃばいどです。
(おじいさんは、はいてくにつよいので、ふうふかんのでじたるでぃばいどです)

おばあさんが、川でせんたくをしていると、
川上から、おおきなマンゴーが、どんぶらこ、どんぶらこと
流れてきました。

おばあさんは、マンゴーを家にもちかえりました。
おじいさんもしばかりからかえってきたので、おおきななたで
マンゴーを割ってみると、なかから、またマンゴーがでてきました。

「これはよにもめずらしい、マトリョーシカマンゴーじゃ」
とおじいさんは言いました。
おばあさんはとりあえずいちばんそとがわをたべました。
またそのマンゴーを割ってみると、
なかから、とてもちいさなマンゴーが、またでてきました。
こんどはもうなたではきれません。

おじいさんは、メスでちいさなマンゴーをせつだんしました。
もうさすがに、中からはなにもでてこないだろうとおもいましたが、
おじいさんは念のために双眼実体顕微鏡を部屋のおくからとりだしてきて
せつだんしたものをぷれぱらーとにのせてみてみると
ちゃんとちいさなマンゴーがありました。

おじいさんはしんちょうな手つきで、メスをつかって
その小さな小さなマンゴーをせつだんしてみました。

またちいさなマンゴーがでてきたようですが、
もう双眼実体顕微鏡ではてにおえません
おじいさんはまた部屋のおくから、
モニタにえいぞうをしゅつりょくできる、
ぱそこんとでんしれんじのくっついたような顕微鏡そうちをもってきて
さらにちいさなマンゴーをみてみました。
おばあさんは
「これ体外受精の時とかに使うようなやつ!」
とてんしょんがだだあがりでした。
おじいさんはちいさなマンゴーをえきたいちっそでれいきゃくし
顕微鏡システムにとりつけたじさくのまにぴゅれーたーをもちいて
ぱそこんせいぎょでていねいにマンゴーを切断していきました。
もはやメスのようなはものでは、はがあつすぎてきれないので
とくちゅうのしりょうせつだんようのだいやもんどないふをつかいました。
みくろとーむでもちいられるような、ほんかくてきなやつです。

また中からちいさなちいさなマンゴーが出てきたようにおもえました。
もにたーにうつる、てんのようなかげが、ちいさなマンゴーとおもわれます。
「光学顕微鏡ではげんかいかもしれない」とおじいさんはつぶやきました。
マンゴーはもはやこのけんびきょうのぶんかいのうではとどかないりょういきでのせつだんをもとめていたのです。
おじいさんはそのまんごーのちょうせんをうけてたちました。

さっきまでは部屋のおくからどうぐをもってきていましたが
こんどはぎゃくに、マンゴーののったぷれぱらーとを
部屋のおくへともっていきました。
おばあさんもついていこうとすると、
「ここから先は非常にデリケートで、埃が入ったら大変だ」といわれ、部屋にいれてもらえませんでした。
おじいさんははくいにきがえて、ていねいにしょうどくをしたのち、にじゅうのとびらをぬけて部屋のおくへいってしまいました。
そのかわりおばあさんは、部屋のそとにせっちされたもにたーで、ないぶのようすとけんびきょうにうつるえいぞうをみられるとのことでした。
へやのおくからでんしききるいのはっするひくいおとがなりひびき、
しばらくするともにたーに、走査型電子顕微鏡でさつえいされたきょくしょうマンゴーのうつくしいすがたがうつりました。

しかし、おじいさんはかなしそうなかおをして、へやからでてきました。
「これいじょうは、むりだ……」と、おじいさんはいいました。
「レーザーが、必要だ……うちには、そんなものない……」
おばあさんは、
「おじいさん、あんたはよくやったよ。それなりにおすすめだよ」と言って、肩を抱きました。
めでたし、めでたし。


というわけで、
Uchi Cafe SWEETS ウチカフェスイーツ
ウチカフェフラッペ マンゴー
です。

th_IMG_5492.jpg

こんなの。

th_IMG_5493.jpg

マンゴー味フラッペで、上にフロートと、マンゴーの果肉が乗っています。
レンジでチンするのです。

したのがこちら。

th_IMG_5494.jpg


th_IMG_5495.jpg

この前のチョコレートのときのフラッペは、ちょっとずつ崩しながら食べていって
最後のあたりで混ぜたのですが、
今回は最初からフルに混ぜました。

th_IMG_5496.jpg

その方が食べやすい。
レンジでチンしてぐりぐり混ぜて食べる(飲む)のがよいです。

マンゴー味のフラッペで、いかにもデザートという感じがして、なかなかいいです。
フラッペなので、氷が混じっており、味も濃すぎず丁度よい。
フロートのクリーム部分もまざってまろやかなマンゴー味。

[
名前:Uchi Cafe SWEETS ウチカフェスイーツ ウチカフェフラッペ マンゴー
名称:冷凍菓子
ブランド:Uchi Cafe
販売者:
製造者:フタバ食品株式会社FA

内容量:190ml

エネルギー:148Kcal
たんぱく質:0.8g
脂質:1.4g
炭水化物:33.1g
ナトリウム:14mg

購入金額:210円
購入場所:ローソン
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

薔薇姉妹達

「ごきげんよう。よう子さん。」
「あら、ごきげんよう、のぞ美お姉様。」
「あら、よう子さん、そのアイスは何かしら。」
「ハーゲンダッツよ、のぞ美お姉様。」
「あ、そう……。」

翌日

「ごきげんよう。よう子さん。」
「あら、ごきげんよう。のぞ美お姉様。」
「あら、今日もアイスなのね。そのアイスは何かしら。」
「ハーゲンダッツよ、のぞ美お姉様。」
「あ、そう……。」

翌々日

「ごきげんよう。よう子さん。」
「ごきげんよう。のぞ美お姉様。」
「あら? 今日は違うアイスなのね。そのアイスは何かしら。」
「ふわりんか、ですわ、のぞ美お姉様。」
th_IMG_5488.jpg
「あら!? ふわりんか! わたくし、そのようなアイス、初めて見ましたわ。」
「薔薇のアイスですのよ、のぞ美お姉様。(やけに食いつきがようございますわ……)」
「私にもひとつくださらない?」
「嫌です。」
「え……」
「嫌です、一人で食べます。」
「あ、そう……」
「まぁ普通の味ですわ」
「あ、そう……」


というわけで、
ふわりんか [ビューティーローズ味]
です。

th_IMG_5490.jpg

ビューティーローズ味とか言っている以上、
他の味も展開する予定があるのかもしれませんね。
シャイニーサンフラワー味とかフレグランスカーネーション味とか出てきそうなもんです。

th_IMG_5491.jpg

薔薇のアイスといえば
これが記憶に新しいですわ
http://icewotadatadataberu.seesaa.net/article/387892643.html

ローズチョコの中にローズシャーベットが入っています。
シャーベットと言ってますが、粒子がちょっと大きめなので、
かき氷とシャーベットの中間っぽい食感ですわ。
薔薇の味とは、ちょっと不思議な感じはします。

th_IMG_5489.jpg

パッケージによると
ローズに含まれる香り成分"グラニオール"が、
吐息、カラダからふんわり。
ローズの華やかな香りと上品な甘さが楽しめる、"香る、aromaアイス"です。

だそうです。

アロマアイスという新しいカテゴリを提案するアイスですね。

昔家の押し入れに、薔薇の花びらを模したひらひらの石鹸が置いてあったのですけど
(多分、何かの引き出物だったのだと思う)
口に残る薔薇のチョコの部分をたべながら、
「あの薔薇の石鹸を食べたら多分こんな感じなのだろうな」と思ってしまいました。

食べて腹がふくれる感じがしないし、味的にも
女性向けだなぁという感じがします。
ふわりんかという名前よい。

[
名前:ふわりんか ビューティーローズ味
種類別:氷菓
ブランド:
販売者:クラシエフーズ株式会社
製造者:スカイフーズ株式会社

内容量:10ml×7

1個あたり
エネルギー:26Kcal
たんぱく質:0.1g
脂質:1.6g
炭水化物:2.9g
ナトリウム:1mg

購入金額:162円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

デザイナーズ・プラネット

ん?
まぁ設計ウィザードに従って選択していったら作れるよ。
僕ウィザードね。よろしく。
上級者向きの設定を使用する?
ま、初心者だし、初心者向けでいいよね。
2ステップでできてお手軽だからね。
上級者向けは物理パラメータから設定しなくちゃいけないから面倒だものね。
まず寿命からいっとこうか。
どうする?
>短め >長め(推奨) >永遠 >ループ
長めね。
あぁそうね。そらそうね。
一番おもしろいもんね。
偶然性の操作はどうする?
>自動(推奨) >手動
あ、手動選ぶのね。
見てるだけでもたのしいけど、ちょっとは操作したって楽しいものね。
任意のスケールで確率は操作できるのでまぁ頑張って。
このあいだ来たお客さんはたった30億年で知的生命体まで作ってたよ。
へぇ、君、彼女にプレゼントするために惑星作りたいの?
変わってるね。
まぁはじめよっか。
ぽちっとな。
お、早速宇宙が誕生したねー。やっぱ何度見てもビッグバンは迫力あるねー。
やっぱこの設定だと何度やっても三次元宇宙ができちゃうみたいだね。
このまえ来たお客さん、寿命短め設定でやってたら、
二次元宇宙が出来て10^-24秒後に消滅しちゃったんだけど、あれは笑ったねー。
そうこうしてる間に第一世代の恒星ができたよ。
どんな惑星つくるの?
はぁ、緑と白の惑星をぶつけて白緑が半々の惑星作りたいって?
かわってますねー。
お、ほら、第一世代の恒星が次々と超新星爆発してますよ。
重い原子も出来始めたし、一応これであなたのお望みの惑星も徐々に出来始めてきますねー。
ほら、そこにも。
まぁもうちょい待って超新星爆発が何度かこなしたら、もうちょいいい感じにはなると思うよ。
ほら、こっちにもあっちにも白い惑星とか緑の惑星できてるよ。
え?
銀河同士をぶつけるんすか? まじすか。
でも銀河なんてぶつけても惑星どうしがぶつかる確率なんてめっちゃ低いですよ。
あ。
そこで確率いじるのね。
この白い惑星と、その緑の惑星、それをぶつけるの?
いいよいいよ、ほら、ドーン!
へぇ、こういうの作りたかったのね。

th_IMG_5486.jpg

確かに白緑半々だね。
まぁそれなりにおすすめできる色合いだね。



というわけで
SWEETS+
GELATO ジェラート 宇治抹茶&北海道ミルク
です。

th_IMG_5483.jpg

抹茶とミルクを一度に楽しめます。

th_IMG_5484.jpg

色が綺麗に分かれてるので
一緒に食べてもよし、別々に食べてもよし。

th_IMG_5487.jpg

抹茶アイスもミルク部分も甘い。
分かれてるので分けて別々で食べました。
これはおいしかったです。


[
名前:SWEETS+ GELATO ジェラート 宇治抹茶&北海道ミルク
種類別:アイスミルク
ブランド:SWEETS+
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:冨士食品工業株式会社

内容量:113ml

エネルギー:162Kcal
たんぱく質:3.2g
脂質:4.7g
炭水化物:26.7g
ナトリウム:52mg

購入金額:250円
購入場所:ファミリーマート
]

posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

ペット可

引っ越して三日経つが
家具はもう大体揃っているし
次はペットを飼おうという事になった。
私はそれほど、生き物が好きではないのだが
妻が飼いたい飼いたいとせがむので
まぁ仕方ないな、という消極的賛成で、飼おうという流れになった。
私は生き物なぞに愛着を感じたくはないので、寿命が短い生き物でいいのだが。
ペットショップに行ってみると妻ははしゃいで、
子供のように店内を見回っていた。
仔犬や仔猫がショーケースに入れられている。
どいつもこいつも体中に毛がいっぱい生えている。
じっとこちらを見てくる奴もいれば、
せわしなくショーケースの中を回っている奴もいる。
まるで商品だな、と思ったら、実際商品なのだ。
その前を通り過ぎると、爬虫類や鳥類を売っている一角になった。
原色を纏った鮮やかな鳥がケージを嘴で器用に掴んでいたり、
亀が、じっとしていたりする。
どいつもこいつも、何をしてるんだかよくわからない。
奴らには奴らの行動原理があってその通りに動いているだけだ。
妻が一つところをじっと眺めているのが目に入り、
私も隣に立って、同じものを眺めた。
ジャンプして逃げるような心配もないのか、
値札もなく、ペンキで白く塗られた低い柵に囲まれただけのスペースに、
ハーゲンダッツ キャラメルクラッシュが、じっとしていた。
これはアイスクリームだ。
アイスクリームなら、部屋をフンだらけにしたりしないし、散歩に連れて行く必要もない。
愛着も湧かなければ、寿命も短い。
生き物ではないので、生き物が苦手な私にもちょうどよい。
これならペットとして買う事に諸手を上げて賛成だ。

th_IMG_5479.jpg

「これがいいのか?」と私は妻に尋ねた。
「これがいい」
すぐに決まった。
すいません、と店員を呼んで、ハーゲンダッツを購入した。
「こちらの商品一点で、284円になります」と店員に言われた。
安い。
あれだけ良い事づくめの素晴らしいペットだから、さぞ高いのかと思ったら、
破格の安さだった。
外食チェーンで売られている牛丼と同じくらいの値段だ。
さっそく私と妻は、家に帰るとペットを食べた。
なかなかうまかった。これはおすすめできるうまさだ。
妻は泣いていた。
感じやすい性格なので、こういう、ペットを亡くしてしまう場面などに彼女は滅法弱いのだ。
ましてや、ペットを自ら食べてしまったのだ。
私はそれほどでもないが、妻にしてみれば辛い事だったに違いない。
「こんな悲しい思いをするなら、私はもう二度とペットなんて飼いたくない」
こちらまで喉の奥が熱くなってくるような、悲痛な言い方だった。
まだペットに名前すらつけていないのに、別れる事となったのだ。
本当に辛かったのだろう。
しかし、私の方はといえば、彼女の気持ちとは裏腹に、
このようにおいしいのであれば、またペットを飼ってもよいか、という風にすら思える有様だった。
私と妻は、キャラメルクラッシュの墓を作り、そこでペットを供養した。
妻は数珠を握り、泣きながら「あなたが生まれ変わったら、また私が飼ってあげるね」と言った。
空はどこまでも青かったが、それは何の救いにもなっていなかった。
遠くでアイスの声が聞こえた気がした。


というわけで、
ハーゲンダッツ キャラメルクラッシュ
です。

th_IMG_5479.jpg

キャラメルアイスに、カラメルチップが沢山入っています。
カラメルチップは「キャラメル味」とはまた違います。
キャラメリゼされたデザートなどの、あのパリパリ甘々のやつが砕いて入れてあるのです。

th_IMG_5482.jpg

まぁ、砂糖を火で炙ったやつだよね。
個人的にはやっぱこのカラメルチップが入っているのがうれしいですね。
キャラメルアイスとキャラメルチップの組合せ、非常によろしいですね。
これは結構好きです。

[
名前:ハーゲンダッツ キャラメルクラッシュ
種類別:アイスクリーム
ブランド:ハーゲンダッツ
販売者:
製造者:ハーゲンダッツジャパン株式会社

内容量:110ml

エネルギー:262Kcal
たんぱく質:4.3g
脂質:16.2g
炭水化物:24,7g
ナトリウム:45mg

購入金額:284円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ヨーグル等々

それはぼくが見たことのない記号だった。
びっしりとそれは並べられて、最後のあたりに書いてあったものを見えたままを書くと
「これはまぁまぁそれなりですねー。」
という感じの記号だった。
そもそもぼくは字が読めなかったし、あるいは記号じゃなくて絵だったのかもしれない。
それが書かれていたのは、光る平らな板で、今までに見たことのない材質でできていた。
仮にそういう物があったとして、それは死んだ人たちの行く街のものだろう。
記号の羅列を見ているところでぼくは目が覚めて、それが夢だったと分かるけれど、ぼくたちを起こすために怒鳴り散らす大男の声のせいで、固まりかけていたその夢の記憶はさっとほどけて消えてしまった。
共同の水浴び場で体を軽く洗い、血豆だらけの自分の手のひらを見つめる。
みんなも裸で、定まらない視線をふらふらと漂わせながら、朝支度をする。
ぼくたちを起こした大男はまだ寝ている男の子を鞭で叩いていたが、男の子は起きない。
もう二度と起きては来ない。死んだ人たちの街へいってしまったのだろう。
なんだ、死んだのか、というような感じの事を大男は呟いてから、他の寝ている人に鞭を向け始めていた。
ぼくらは口々に言葉を呟く。人が死んだ時に、死んだ人の街へ行く旅を祈るための言葉だ。
服と呼ぶにはあまりにも惨めな布を腰に巻く。作業着はそれだけ。
この前まで人の死はこんなに身近ではなかった。
平和な村だったし、みんな何かにつけて笑っていたし、ちょっと悲しいことがあると、すぐに皆で泣いていた。
一つ前の、太陽が最も遅く昇る日に、彼らはぼくたちの村にやってきて、全てを奪った。
戦いに長けた人たちだった。ぼくたちの知らない神様を祀る人たちだった。
おじいさんが若かった頃は友好的だった隣の国が、王様が変わった途端に、攻めて来たのだった。
手始めに長老と、他の村の指導者的な立場にあった人たちを次々と殺してしまうと、家や土地、その他の財産をたやすく奪い、その後今度はぼくたちを連れ去っていった。
若い女以外は手と足を縄で繋がれて、どこか遠い所まで行進させられていった。
若い女の人は、別のどこかへ連れ去られた。どこに行ったのか、ぼくたちは知らない。
その中にはぼくの幼なじみだったエッセルも居た。
エッセルとはぼくたちの言葉で「赤い実のような女の子」の意味だった。
ぼくたちの村では三人目に生まれた女の子には大抵その名前がつけられる。
綺麗な輝く石のような緑色の目をしていたエッセルは、痣だらけになった体を引きずるようにして、どこかへ連れられて行ったのだった。
砂漠を歩く中で、老人や病気の人たちは皆死んでしまった。
健康で丈夫な体を持っていればこそ、労働力として相応しいというわけだった。
ぼくたちは遠くへ連れて行かれて、大きな石を運ばされた。
地面に、ころを敷いても四十人がかりでやっと運べるような大きな四角い石を綱で引いていく。
大きな石で、大きな墓を作るらしい。ぼくたちが世話になっていない王様のための、大きくて高い墓だ。
王様は大きくて高い、空に登っていくための塔を作るのだという。
王の名を取って、ヨーグル塔という塔を作るのだそうだ。
僕たちは、くる日もくる日も、綱で石を引っ張った。
たくさんの人が死んだし、それを埋葬することだって許されなかった。
泣くことももうなくなっていた。
ただ、死んだ同胞の亡骸の横を通る時は、皆で祈りの歌を歌いながら通った。
うるさいので大男が鞭で背中を叩くが、ぼくたちはその時だけは黙らずに歌い続けた。
何年か経ち、王様は死んでしまった。塔は完成していないけれど、そこで終わりになった。
ヨーグルの塔は立たずに、低くて広い墓となった。
女の人が沢山、王様と一緒に墓の中に生きたまま埋められることになった。
人が一人ちょうど入るだけの細長い竪穴に一人ずつ彼女たちは入れられた。蜂の巣穴のようだった。
一面に女の人の顔が写る。その中にぼくの知っていた顔があった。エッセルだった。
エッセルはぼくと目があったが、それはもうぼくの知っているようなエッセルではなかった。

と、このあたりまで読んだ所であたしは本を閉じた。
奴隷がこき使われるだけの物語なんて、読んでて辛いだけ。
でもこういうのって、読んでしまう。
辛いけれど、読まずには居られない。あたしは自分の人生が嫌だから、自分よりもっともっと辛い人たちのエピソードを読みたい。
大きな病院の待合室は、おじいちゃんやおばあちゃんを展示した博物館みたいで、なんでこんなにいろんな種類のお年寄りがいるんだろう、と思う。
その中で何人か、若い男の人がいて、あたしを時々チラチラと見てくる。
野中さん、野中いちごさん、五番診察室に来てください、という院内の放送があって、ママがあたしを連れて五番診察室に向かう。
本の続きが読みたかったけれど棚に戻して行った。
診察室では、さっきあたしがされた診断の結果を教えてくれるらしい。
細かいことはあたしはよくわからない。
お医者さんが、難しい言葉を使ってママと話をしている。
ママは時々深刻そうな顔をして、うんうんと頷いている。
お医者さんが何か言った後、ママに目配せをした。
いちご、先にちょっと廊下に出て待ってて、とママに言われて、あたしは外に出る。
何か二人で内緒の話をするのは分かった。
センモン的な事は分からないけれど、
「いちごさんは、ナントカカントカ。ヨーグル糖欠乏症です。このままでは命に関わってきてしまいます、ナントカカントカ」
というような話が聞こえた。
病院独特の消毒の匂い。あたしは長い廊下を眺めていた。

映画館で女の子が死の宣告を立ち聞きしてしまったシーンを見ていたら突然、映画がブツン、と終わってしまった。
終わったというか、急に止まったというのが正しいのかもしれない。
その女の子がいた病院の廊下は画面の中央の消失点に向って綺麗に伸びてゆき、スタンリー・キューブリックの映画にありそうな見事な一点透視図法の画で、クリーム色の壁や廊下と、女の子が着ていた赤い服のコントラストもまた印象的だったので、映画の途切れる瞬間のその場面は私の脳裏に一瞬で焼き付いてしまった。
映画が止まったと同時に出入り口の非常灯が灯り、暫くすると、「先ほど一時停電により、映画が止まってしまいました事をお詫び致します。また、ただ今政府より非常事態宣言が出され、全国民の皆様は自宅に戻り宣言が解除されるまでそのまま待機をしてください、との連絡が入りました。」
その放送中、映画館の色々な所から携帯の着信音が一斉に鳴り出した。
電源を入れていたらマナーモードであっても鳴っていたようで、非常事態宣言がされた事がメールで一斉に送信されていた。
私も携帯の電源を入れて確認すると「ただ今政府による非常事態宣言が発令されました。国民の皆様は直ちに自宅へ帰り、非常事態宣言が解除されるまでそのまま自宅で待機をお願い致します。」という緊急メールが入っていた。
先ほどから騒がしくなっていた観客たちはいよいよもってパニックになっていった。
というか、そもそも非常事態ってなんだ?
そのままツイッターを見てみるが、誰も彼もがパニック状態で、デマらしき情報が沢山流れていた。
しかし実際に何が起こっているのか分からないので、それがデマだ、という事も分からない。
暫くネットを見てると、海外のニュースサイトが日本の事を報道し始めたらしく、どうも情報を整理していくと、秘密結社ヨーグル党が軍事クーデターを計り、政府関連施設を制圧、掌握し、テレビ局などの報道機関も同様に管理下に置かれてしまったと言うことらしかった。先ほどの非常事態宣言も、ヨーグル党が政府を掌握した後にヨーグル党がわざわざ発令したものと分かってきた。
なんだこれは、と俺は思ったが、まだちょっと現実感が湧かない。
ドッキリ番組ならばまぁ分かるが、わざわざ俺をこんな大掛かりなドッキリに嵌める事で得する奴も居そうにない以上、これはやはり現実なのかもしれない。

と、アニメの第一話はそこで終わっていた。
支配者に乗っ取られた日本という国を取り戻すためにこれから一人の男が立ち上がって日本の端から国盗りを始め、ヨーグル党なぞひっくり返していくという物語が続くらしかった。我々は人間の作った物語というものに非常に興味を抱いた。我々には物語は作れない。
三億年以上も前に生き、文明を持った人間という名の生物が地球上に残した痕跡は多岐に上る。我々は量子に存在する過去と未来の記録を取り出す技術によって地球上の過去未来の様々な道具を再構築して仮想的に"出土"させてきたが、とりわけ興味深かったのは人間の、更には特定の二百年の時層でのみ”出土"するアニメという文化だった。
我々は我々を同調させて多層的に我々を展開すると、時層深くへ我々を転送させてすぐにそのアニメの続きを探した。
そのアニメの続きは未来から見つかった。
その物語は世界や時間がループするという設定で、日本の国盗りからいつしか、一旦は遠い未来、それから過去へと話は続き、とある刀匠が作り上げた妖刀をたまたま孫が手にしてしまい、彼は自分の過去と未来の運命の全てを妖刀によって全識させられてしまう。孫は自身の因果律を定めた原因となる少女を救うために、妖刀で時空を断ち切り更にそこから数千年の過去と数千キロの距離を超えて、かつて救われないはずだった、王墓建設の為に狩られてしまった一つの村を、妖刀によって救ってしまう。アニメはおよそそのような内容であった。
我々は人間の作った、物語という娯楽を大いに楽しんだ。
かつて日本という名前で呼ばれていたこのヨーグル島はプレートテクトニクスによって当時とは全く異なった、場所・形・気候となってしまっているが、アニメによって我々は日本の形状もよく知る事ができたし、様々なアニメがこのヨーグル島を舞台として作られた事が分かった。我々は、大きな我々や小さな我々と共に、緩やかなアニメ好きの集まりのようなクラスターを作り上げて、このヨーグル島を聖地として崇める事にした。

と、わしの貰った秘伝書にはそう書いてあるが、一体何の事だかさっぱりとわからん。
オヤジはわしに刀鍛冶としての技の全てを残して死んだのじゃが、技だけでは伝わらぬ事はきちんと言葉と物にしてわしに残した。
その一つの「言葉として残したもの」がその巻物で、これは秘伝書じゃ、とオヤジは言い残していたんじゃが、何度読んでも意味がわからんときたもんだ。
町へ行って学のある医者のところへ行って、なんのことがかいちょるんじゃこれ、と聞いてみたが、医者でも何が書いておるのかわからんかった。
いや、書いてある事は多分わかるんじゃが、書いてある事の意味がまるでわからんのじゃった。
そもそもアニメとはなんじゃ? ヨーグル島とはなんじゃ? 意味がわからんのじゃ、オヤジは頭がどうかしてもうて死んでしもうたのか。
妻の一会(いちえ)にも聞いてみたが、一会はまず文字が読めん。わしが読み上げて、せめて書いてある言葉を聞いたことがあるかと尋ねたら、ヨーグルトとはあれのことじゃないか、とわしに言ってきた。
あれとはなんじゃ、と聞き返しても、あれとは、あれじゃあれ、と耄碌したような事言っとったが、さっき思い出して、あれじゃ、あんたのおやじさんの残した刀じゃないかと言い出した。あんたのおやじさんが死ぬ直前までしきりによーぐるとよーぐると言うとった、と。
あれか。
わしは縁の下を這っていって、陶器の箱を探した。湿った土がようけ体に付いたが、そんな事は気にならんかった。気になるのは刀じゃ。
陶器の重い箱をやっとこ掘り出し、持って上がった。
しっかりと閉まった七尺はあろう長い陶器の箱を開け、更に中にある桐の箱を開けると、その中にはおやじの作った刀が入っておる。
これがおやじが残したもう一つの「物として残したもの」じゃ。
倅が丁度帰ってきて、それはなんじゃオヤジ、と訊いてきた。
わしは、これはおめーのじいさんが昔に作った刀じゃ、と教えてやった。
一家三人でその刀を囲んだ。湿って黴びてしまっている桐の箱に一緒に入っていた紙に、達筆な字でこう書いてあった。
これはグルという名の妖刀である、儂が作り上げてしまった、これは誰も持ってはならぬ。
桐の箱には剥がれかかった掛け紙があり、そこには大きい字で妖刀と書かれており、妖、と、刀、の間に片仮名で、グル、と書いてあるのが薄く見えた。
妖グル刀と書いてある。
やはりこれの事なのじゃろうか。
何気なく、倅がそのヨーグルトとやらを手に取った。
「これは誰も持ってはならぬ」と書いてあるのを思い出した時には、遅かった。
倅の瞳は黒から、藍玉のような透き通った青に変わり、持ったヨーグルトの鞘から刀身を抜き出すと、「エッセル、今から助けてやる」と言って、そのままヨーグルトでその場所そのものを切断して、中空に黒い三日月のようなもんを作って中に入って消えてしもうた。

と、あなたはここまで、アイスを食べながら、よく分からない文章を読み続けてきた。
あなたは暗い研究室で、アイスブログを読んでいた。
なんだか以前までは変なアイスブログだったのに、いつの間にかアイスポエムブログになってたので、茨木シンフォニーをまた叩こうと思っていた。
今不意に、近くに置いてあったシャーレが少し発光した気がした。
あなたの研究は新しい化学発光の方法についてだった。
まだ名前もついていないその新しい現象について、あなたはなんとなく既に、ヨーグル現象と名付ける気がしていた。
いずれはその化学発光を利用した、ランプが作られるだろう。
あなたは今食べているアイス、明治エッセルスーパーカップのいちごヨーグルト味を食べて、こう思った。
これはまぁまぁそれなりだな。



というわけで、明治エッセルスーパーカップいちごヨーグルト味
です。



ヨーグルト味アイスに
つぶつぶ苺が入っています。

th_IMG_5467.jpg

ヨーグルト味アイスは、ヨーグルト独特のあの絞った感じのちょっと酸っぱい味がしてます。

th_IMG_5472.jpg

中にはちゃんといちごの果肉も入っています。いちごとヨーグルトなので普通に合いますね。
ヨーグルトと何かを組み合わせるというと、爽を思い出してしまいますが
むしろ、爽と比較しながら食べてみるのもありかもしれませんね。
味と質と価格のバランスの取れたアイスのような感じがします。


[
名前:明治エッセルスーパーカップ
種類別:ラクトアイス
ブランド:meiji
販売者:
製造者:株式会社明治KI

内容量:ml

エネルギー:308Kcal
たんぱく質:3.7g
脂質:15.7g
炭水化物:38.1g
ナトリウム:50mg
カルシウム:134mg

購入金額:129円
購入場所:ファミリーマート
]

これはまぁまぁそれなりですねー。
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

夕日にミルクを混ぜた色

鳴きゆく烏に、去る子供
昼はざっくり区切られて
夜はぱっくり口開けて
水に透かした夕日色

誰もが夢を、見逃して
夢だけ一人で、出歩いて
醒めて起きたら忘れてる
夢がいたこと忘れてる

囀る雀に、往く子供
夜は足跡(そくせき)拭き去って
昼は齷齪過ぎゆきて
紅茶に浮かべたミルク色

アイスにスコーンを、混ぜ込んで
キャラメルリボンを、練り入れて
アイスの紅茶はアールグレイ
ミルクの混ざった夕日色

これはそれなり、おすすめで
便乗値上げで、値は上がる


というわけで、
サーティーワン アールグレイ&キャラメルスコーン
です。

th_IMG_5466.jpg

アールグレイ&キャラメルスコーン
アールグレイティー風味のアイスクリームに、キャラメルソースとスコーンが入った贅沢なフレーバー。
一度食べたら忘れられない、リッチな味わい。


だそうです。
公式サイトより。

アイスクリームがアールグレイのミルクティーぽい感じで
中にキャラメルソースと、スコーンまで入っているという
イギリスのティータイムをイメージしているかのようなアイスになっております。
ティータイムは大事にしないとネー、というやつですね。(c)金剛
イギリスは軍の糧食にも紅茶がたっぷりあるというのをネットで見た気がします。
まぁ関係ないですが。
いずれにせよイギリスをイメージしたアイスなんでしょうかね。

スコーンの食感がアクセントになっています。
甘いミルクティー好きだし、アールグレイも好きなので、このアイスは個人的にいい感じ。
俺はイギリス人ではいのでこのアイスだけでティータイムが完結しちゃいます。

それはそうと、値上がりしてます。
増税のどさくさにまぎれて税込みで20円上がってます。
http://icewotadatadataberu.seesaa.net/article/391768852.html
こちらでは330円。(同店舗)

[
名前:アールグレイ&キャラメルスコーン
ブランド:サーティーワンアイスクリーム

レギュラー・シングル

エネルギー:248Kcal

購入金額:350円
購入場所:サーティワンアイスクリーム 三宮下山手通店
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

地平線のフラッペ

低い声で「まるで底なし沼だな」と呟きながら、二、三歩進んだ辺りで
三笠隊長は本当に沼に沈んでしまって見えなくなった。
アニメで悪の総統がパチンと指を弾いたら床にぽっかりと丸い穴が空いて
主人公たちが、スポン、「ワー」と奈落かどこかに落ちていくシーンがたまにあるけれど、
実際三笠隊長の沼への沈み方はそれくらいに見事なものだった。
残された私と堂本隊員と岸田隊員は、お互い恐怖の顔を見合わせたが
三笠隊長を助けようとする者は私を含めて誰もいなかった。
このように足を踏み外すと命に関わるような難所を通る時はいつも
命綱をそれぞれの体に巻き付け、数珠つなぎに連なって進んでいくのがルールだったが
今回はたまたまそれをしていなかったせいで、三笠隊長だけ消えてしまった。
とはいえ、普段からの三笠隊長の私たちへのしごき方が酷いものだったため
私たちは三笠隊長を恨んでいたし、
沼に沈んでしまっても「まぁ天罰ではあるよな」程度の感想であった。
しかし隊長を失うと、私たちの歩は止まらざるを得なくなる。
堂本隊員が冷静にGPSレシーバとマップを取り出してしばらく唸った後、
遠くで黒いマグマの滴る茶色いホイップを指さして「あっちだろう」と言う。

th_IMG_5347.jpg

(岸田隊員の取り出した方位磁針は赤い針がぐるぐると回り続け、使えなかったため
地形を頼りにする事にしたのだ)
暫く三人で進むと、手に三笠隊長を持ったかなり大柄なアマゾネスが現れた。
私たちは驚いた。
アマゾネスとは女系の戦闘民族である。
布を斜めに纏っただけの服装で、背中には弓と矢が見える。
「お前たちがこのウチカフェフラッペチョコレートに落としたのは、
 この小汚いおっさんか」
私たちはアマゾネスの手に掴まれた三笠隊長を見遣り、また三人で視線を交わした。
三笠隊長が生きていた事に驚いたし、巨大なアマゾネスそのものにも当然驚いていた。
「お前たちが落としたのは、この小汚いおっさんか、
 それともこの若かりし頃の小綺麗な男か」
アマゾネスのもう一つの手にはタレント事務所にでも所属していそうな痩身のイケメンが全裸でつままれていた。
さっきまで手ぶらだった方の手に、奇術のようにいつの間にかそのイケメンはつままれていた。
「私たちが落としたのは……」と言いかけたとき、岸田隊員は私を制止した。
「ちょっと待ちたまえ、双葉隊員。これはあれかもしれませんぞ」
「あれってなんだ」と、マップを握りしめて堂本隊員は岸田隊員をのぞき込むように見る。
「きれいなジャイアンのパターンかもしれませんぞ」
「そのパターンなら、あの若かりしイケメンの三笠隊長が戻ってくるわけだし、
 その方がいいじゃないか。正直に言えばいい、そして若い三笠隊長を取り戻そう」
「それもそうだが、いずれあんな小汚いおっさんになってしまう若いイケメンなんて可哀想で見ていられない」
「いずれにせよ、まず第一に、三笠隊長に戻ってほしくないですぞ」
私たち三人は大いに悩んだ。
「お前等、はよ決めろハゲ」、とアマゾネスは選挙カーのように大音量で怒鳴る。
「ちょ、ちょっと待ってください」と待ってもらい、三人で相談する。
「やはり、ここは正直に言って全裸イケメン男子若三笠隊長を引き取るべきでは」
「わ、わたくしは、どど、どっちもいらないですぞ」
「まぁ確……うわぁ!」
相談していたら、今度は堂本隊員が沼に沈んでしまった。
GPSレシーバとマップは全員持っていたが、無線機を持っていたのは堂本隊員だけだ。
これでは救助を呼べなくなってしまう。
しかし、私も岸田隊員も、堂本隊員を助ける事は無かった。
何より自分の命が惜しかったというのは確かにあるのだが、
堂本隊員はお金に関して問題が少々あったのだ。
普段から何に使っているのか知らないが、堂本隊員は私や岸田隊員に6桁くらいの借金を拵えていた。
しかも、どう考えても戻ってくる気配はないので、「まぁ天罰ではあるよな」程度に私たちは思っていた。
「どうしようか…」
「ひ、ひとまず、あの茶色いホイップを目指しましょうぞ」
という事で私と岸田隊員は黒いマグマの滴る茶色いホイップに向かった。
三笠隊長を掴んだままのアマゾネスも無言で私たちに着いてきていた。
不気味なので追い払う気も起こらないし、仕方が無い。
アマゾネスに掴まれた若イケメン三笠隊長は古いフォークソングを楽しそうに歌っている。
茶色いホイップに近づくと、マグマと思っていたものは実はチョコである事が分かった。
「もしかするとこれはあれかもしれないぞなもし」と、
何かに気付いたように岸田隊員はしゃがんで沼の泥水を手ですくうと口に入れて食べ始めた。
とうとう頭がおかしくなってきたのかもしれない。
気の毒だが、こんな状態では仕方ないだろう。
また別のアマゾネスが現れ、その両手には堂本隊員と、栗毛の大人しそうな少年が握られていた。
さっきの流れからして、若い頃の堂本隊員だろうと思ったが、その通りだった。
「お前たちがこのウチカフェフラッペチョコレートに落としたのは、
 この小汚いおっさんか、それともこの美少年か」
「美しょ……」と言いかけ、私は自分で口を塞いだ。
あやうくおっさんの方の堂本隊員をつかまされる所だった。
あるいはもっと酷い結果が待っていたかもしれなかった。
「危ない所でしたぞ……双葉隊員どの」と、岸田隊員も焦った顔で言う。
正気を取り戻したのだろうか。
不意に、ずぼぉ、という感じの情けない音が聞こえ、同時に岸田隊員が私の視界から消える。
視線を落とすと、岸田隊員が立っていた所の沼の表面が少し窪んでおり、
今しがた彼がそこに消えていった事を物語っていた。
とうとう私一人になってしまった。
私はホイップの上に登って、救助を待つことにした。
すぐそこでは二人のアマゾネスが私の方を見ている。
遠くから地響きがしてきて、またもう一人のアマゾネスがやってきた。
何のために来たのかはもう大体言われなくても分かる。
「お前が落としたのは、この小汚いおっさんか、それともこのさわやかなイケメンか」
恐らく、救助はもう来ないだろう。
私は心を決める。
私は三人の巨大なアマゾネスを前に、大声で宣言するように言う。
ハリウッドの映画だったら、危機に瀕した世界を前に大統領が希望の演説をする場面に相当するだろう。
「私が、この沼に落としたのは、三人とも、小汚いおっさんです」
「おお……」
「おお……素晴らしい……」
アマゾネスたちはいたく感動しているようだった。
「正直者だ……」
「これは、それなりにおすすめだ……」
「おお……正直者……」
のような感じの事を呟くと、三人のアマゾネスはそれぞれにイケメンを私の元に置いて、
「お前は素晴らしいアマゾネスになれる……」
と言いながら、地平線まで延々と続くチョコフラッペの沼をずしんずしんと、去っていった。
私は残された三人のイケメンと幸せに暮らした。

というわけで、
UchiCafe SWEETS ウチカフェスイーツ
ウチカフェフラッペ チョコレート
です。

th_IMG_5344.jpg

ウチカフェシリーズなのでローソンのやつです。

th_IMG_5345.jpg

レンジでチンして食べます。
500ワットなら30秒程度。
一回チンしたけれど、あまり溶けなかったので延長。

th_IMG_5348.jpg

ほどよくどろどろ。
フタには「あたためて出会うつめたさ」とある。
それなりなキャッチコピーです。

上にはチョコのかかったホイップ、
フラッペの中には、アイスのトッピングによく使う、小さい俵型をしたチョコの粒がたくさん入っています。
このチョコ好き。
アーモンドのクランチも入っているので、食感が似ていてチョコかアーモンドか分からなかったり。
まぁとはいえ、おいしいです。

[
名前:ウチカフェフラッペ チョコレート
種類別:
ブランド:UchiCafeSWEETS
販売者:
製造者:フタバ食品株式会社FD

内容量:160ml

エネルギー:262Kcal
たんぱく質:4.1g
脂質:11.4g
炭水化物:35.8g
ナトリウム:51mg

購入金額:280円
購入場所:ローソン
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

スイカバソーダランス

博物館に飾られたその甲冑には大きな瑕が無数にあった。
太い爪を持った生物に引っ掻かれたのかと思える擦過跡、
金属製のプレートが襞のように抉れた十字の瑕。
それらは甲冑の持ち主が歴戦の騎士であったのを物語っているのかもしれない。
あるいは、多くの人間がその甲冑を着ていたのかもしれない。
しかし今はもう使われる事のないそれは、
マネキンに着せられたまま、安らぎの時を過ごしている。
ひときわ目を引いたのは、
そのマネキンの手に握らされた槍(ランス)であった。
へらのような形状の、持ちにくそうな持ち手があり
その先は、普通の槍であれば細い円錐状をしている部分なのだが
この槍では分厚くした扇形をしていた。
一枚のパンケーキを12等分しても、同様の形が得られるだろう。

th_IMG_5341.jpg

もちろん、槍の先は点ではなく、線になっており、
想像しうる限りでは全く実用に向かない槍だったのではと思われる。
"この甲冑を着た騎士は、錐架覇(スイカバー)と呼ばれる槍状の武器を用いていた"
というキャプションが添えられていた。
祭儀用なのか、実戦用なのか、今ひとつはっきりとしない。
その甲冑と槍を眺めた後は皆同様に首を傾げて、
「これはそれなりであるな」と呟いて次の展示物へと足をすすめていた。
その槍が食用だったとは、ゆめゆめ誰も思わなかった事だろう。
今でもマネキンがそれを握り、博物館に飾られている。

というわけで、
ソーダ!?かけちゃった スイカバー
です。

th_IMG_5339.jpg

スイカバー、
以前にもやっちゃっています。
チョコかけちゃった
http://icewotadatadataberu.seesaa.net/article/356217926.html
あちらは、チョコかけちゃった事について、自信を持っているのですが
このソーダかけちゃったスイカバーは、
「ソーダ!?かけちゃった」と
ソーダかどうか、ちょっと自信がないようです。
場合によってはソーダではないかもしれません。

でもまー、綺麗にかかっています。
当たり前ですが、ソーダそのものがかかっているわけではないのですが、
ソーダ味チョコ?のようなものがかかっています。
チョコレートコーティングのソーダ味版です。

th_IMG_5342.jpg

しっかしこれ、パリパリモグモグと、しっかりとした食感があります。
ソーダ!?部分が、チョコみたいにパリパリしてます。
中のスイカバーはいつも通りのスイカバー。
スイカ味の赤い果肉部分に、皮の部分を緑色に再現したアイス。
種を模したパフ入りチョコ。
まぁ個人的には普通のチョコがかかっているやつの方が好きかな。

[
名前:ソーダ!?かけちゃった スイカバー
種類別:氷菓
ブランド:ロッテ
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:株式会社ロッテU

内容量:115ml

エネルギー:201Kcal
たんぱく質:0g
脂質:9.1g
炭水化物:29.5g
ナトリウム:23mg

購入金額:129円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

ポロポロ落ちるアイスのチャンピオン。

山に巨大な白いモノリスが刺さっている。
巨大な卒塔婆なのか、墜落した宇宙船なのか知らないが。
俺は家に帰ってチョコバリを食べていた。
表面についたクランチが、ポロポロと落ちてゆく。
一口食べる。
外で叫び声が上がる。
きなこ味アイスの中には、黒みつソースがある。
クランチが、ポロポロと落ちてゆく。
ビルが近くで倒壊したかのような音響が、振動と共に伝わる。
隕石でも落下したのだろうか。
サイレンが街に鳴り響き、人の怒号もうっすらと聞こえる。
頓着せずに、チョコバリを食べ続ける。
ポロポロとクランチが落ちる。
遠雷が聞こえる。
食べ終わったスティックを、俺はピンと弾く。
地響きがおこる。
外に出ると、巨大なモノリスがもう一つ、山に刺さっていた。
俺は納得して、次のチョコバリを開けた。
味はまぁおすすめであるが、ポロポロ落ちる。

というわけで、
ChocoBari チョコバリ kinako 黒みつきな粉
です。

th_IMG_5306.jpg

これはきな粉きな粉と言うておるが、
その実、主役は黒みつソースだと思えるレベルに
存在感すごい。

th_IMG_5308.jpg

黒みつソース部分の甘さが個人的にはかなり良かった。
カラメルソースを彷彿させる感じの甘さ。
黒みつの甘さときな粉の落ち着いた味は
和風甘味のアンサンブルやー。

[
名前:チョコバリ 黒みつきな粉
種類別:ラクトアイス
ブランド:センタン
販売者:
製造者:林一二株式会社NA

内容量:130ml

エネルギー:269Kcal
たんぱく質:3.5g
脂質:15.3g
炭水化物:29.3g
ナトリウム:47mg

購入金額:129円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

アイス地蔵

コンコン。
「はい、どちら様でしょうか」(こんな夜中に、迷惑だわ)
「こんばんわ。アイスクリームを食べる者ですが」
「はぁ、こんばんわ」(頭がおかしい方かしら)
「今、お宅に上がらせて頂いてもよろしいでしょうか」
「いや、困ります。よろしくないです。
 何の御用ですか」
「あの、ジャイアントコーンというアイスがあるんですね、
 こういう感じの、三角錐を逆にしたような、ね。
 ご存知ありませんか」
「あまり食べた事はないですが、一応は知ってます」(さっさと帰ってくれないかしら)
「横をね、こう、開けていくんですが、ベリベリっと」
「あの、何の御用ですか」
「いや、ですからね、その、ジャイアントコーンの、横のとこをベリベリっとするとですね
 チョコがそこに貼り付いちゃってるんです」

th_IMG_5300.jpg

「はぁ、それで」
「いや、どうしたものかと」
「舐めればどうですか」
「え」
「舐めればいいんじゃないでしょうか」(さっさと帰ってくれないかしら)
「え……舐め……る……?」
「こう、ペロペローっと」
「なるほど、なるほど」
「あの、もういいですか」
「あ、ええ、助かりました。有難うございました」
翌日、家の前には大量のジャイアントコーンの塩バニラが置いてあった。
「あら……ジャイアントコーン」(あれはアイスを食べる者の精だったのかもしれないわ)
(これはまぁまぁおいしいわ)

というわけで、
ジャイアントコーン 塩バニラ
です。

th_IMG_5297.jpg

塩バニラ、嫌いではないのですが。
さほど好きというわけでもない。

th_IMG_5301.jpg

バニラ味がシンプルに甘いだけではなく、
塩を舐めた時の甘さが混じっていて不思議な感じ。
バニラ味だよ、と言ってフェイントをかけられているような、そんな味。
はっきりせいよ、と言いたくなりますよね。塩バニラ。

[
名前:ジャイアントコーン 塩バニラ
種類別:アイスミルク
ブランド:glico
販売者:江崎グリコ株式会社
製造者:茨城グリコ株式会社

内容量:140ml

エネルギー:244Kcal
たんぱく質:3.3g
脂質:14.7g
炭水化物:24.7g
ナトリウム:81mg

購入金額:129円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

ほりゆくものどもと、チョコの層

その仕事は日が昇り始めた頃から始められた。
朝の空気は澄んでいて、呼吸をするだけでも
空気を吸っているのだ、と意識される。
Aは足元を掘削してゆく。
パフ入りチョコの地表はやけに硬く、
掘り進めるのは困難を極めた。
結局また今日もパフ入りチョコ層を貫通する事能わず。
夜、Aは好物のバニラアイスを食べた。
翌日、AはBと共に、鳥しか鳴かぬような早朝より
その仕事をまた始めた。
また貫通はできず、AとBは大好きなバニラアイスを食べて、寝た。
そのように何日か過ぎた頃、やがてパフ入りチョコの層を貫通し
チョコアイスの層に達した。

th_IMG_5295.jpg

そこからは簡単な仕事だった。
それまでの苦労が嘘のように
掘削はザクザクと進んだ。
チョコアイスの層はAやBの敵ではなく
つるはしの先は滑らかにアイスに吸い込まれ
スコップは容易にアイスを掘り起こした。
掘る事に自信を与えてくれさえする、チョコアイスの層。
来る日も来る日も、AとBは掘削していった。
掘削に対しての理解を深め、そこには掘る事に対する愛情もあった。
掘る事が容易な間は、周りの全てが味方に思えた。
夜はチョコアイスに囲まれて、好物のバニラアイスを仲良く食べた。
しかしまたAとBは壁にぶつかった。

th_IMG_5296.jpg

再びのチョコの層。
ここまで深く掘ってきたAとBにはこの層を突破する余力はあまり残っていなかった。
Aはこの先にバニラアイスの層があるのでは、と主張した。
BはAが何を根拠にそのような事を言っているのか理解できず、
この仕事はここで終わりにしようと提案した。
AとBの言い分は暫く平行線を辿ったが、やがてAが折れて、
ザクリッチでの掘削はそこで終わった。
下には本当にバニラアイスの層があったが、
それはAにもBにも与り知らぬ事で、
俺はそのバニラアイスの層まで食べ尽くした。
そう、これはおすすめであるのだ。

th_IMG_5294.jpg

というわけで、ザクリッチ チョコ&バニラ
です。
リニューアルしていたので改めてレビューとなります。

パッケージの表面、撮影したつもりだったけれど、
裏面しか撮ってなかったです。すまんこ。

新!2層のチョコ、2色のアイス
だそうです。

パフ入りチョコのすぐ下にはチョコアイス、
更にチョコを挟んでバニラアイスがあります。
アイス自体は、ジャイアントコーン系と結構似てるんですよね。
アイス、チョコ、アイス、チョコ、なので
これ、製造過程が面倒そうですの。
パフ入りチョコと、コーンのザクザク感がよいです。
もしまたこのアイス食べたらパッケージの表も写してきます。

[
名前:ザクリッチ チョコ&バニラ
種類別:ラクトアイス
ブランド:LOTTE
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:富士食品工業株式会社

内容量:105ml

エネルギー:250Kcal
たんぱく質:3.1g
脂質:14.6g
炭水化物:26.5g
ナトリウム:65mg

購入金額:130円
購入場所:ローソン
]

2014-04-09 追記
ありました。

th_IMG_5293.jpg
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

かくも脆き味覚と、真の味について

以前探偵ナイトスクープという番組で
絶品の卵豆腐をプリンのつもりで食べたらマズい
という小ネタがあって
調べたら実際その通りだったようだ。
これは何を示しているかというと、
おいしい、まずい、といった味覚は
先入観に影響される、という事だ。
しかし、実際味覚に影響しているのは、先入観だけには止まらない。
視覚、嗅覚、
つまり、見た目や匂いも味に関わってくるのだ。
更に言えば、食感、つまり食べた時の触覚すらも味に関わってくる事になる。
実際私は、リンゴの味は好きだが
リンゴの食感が嫌いなのでリンゴは食べない。
我々が味と呼んでいるそれは、純粋な味覚だけでなく、
視覚その他がないまぜになったものなのだ。
そうなると本当の味とはどこにあるのか。
視覚や嗅覚や食感から切り離された所に純粋な味覚がある。
しかし、普通の生活で本当の味覚を意識する事は無い。
だがこのCoolishはどうだろう。

th_IMG_5290.jpg

そう、パッケージに絵が書いてあるが、
食べてゆく過程でアイス自体を目にすることがないのだ。
つまり、視覚を遮断して食べるアイスと呼ぶ事可能。
それは小さな一歩ながら、
純粋な味覚に近づく手段であるのだ。
真の味覚へと手を伸ばすcoolishに幸あれ。
したがってそこそこおすすめなのである。

というわけで
Coolish クーリッシュ クッキーバニラ
です。

th_IMG_5291.jpg

裏面。

微細氷の入ったバニラアイスに
オレオのようなココアクッキーの粒が入っているアイスです。
俺の場合ココアクッキー入りというだけで評価が一段階上がってしまうので
これもなかなかうまい。

[
名前:Coolish クーリッシュ
種類別:ラクトアイス
ブランド:LOTTE
販売者:株式会社ロッテアイス
製造者:株式会社ロッテ

内容量:140ml

エネルギー:155Kcal
たんぱく質:2.0g
脂質:6.8g
炭水化物:21.7g
ナトリウム:77mg

購入金額:126円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

いちご断層

つぶつぶ苺とよく言う。
つぶつぶ苺のつぶつぶ部分はなんなのだ。
あれは果実だ。
検索したのだ。つぶつぶは果実なのだ。
では我々がいちごの本体と思っているものは何なのだ。
花托と呼ばれる、茎がぶあつくなった所らしいのだ。
苺のそのツブツブ部分が発芽している画像、キモい。
キモいのだ。
苺、発芽で検索してみるのだ。
キモいのだ。
つぶつぶつぶつぶつ。
苺なのだ。
食べるのだ。苺なのだ。食べるのだ。
おお苺苺、
おお苺苺、
苺は天に在りて、我々を見下ろす。
おお苺苺、
苺の機嫌を伺って
おお苺、
苺の踊りを踊る。
食べる食べるのだ。苺。
https://www.google.co.jp/search?safe=off&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1366&bih=673&q=%E8%8B%BA%E3%80%80%E7%99%BA%E8%8A%BD&oq=%E8%8B%BA%E3%80%80%E7%99%BA%E8%8A%BD&gs_l=img.3..0l2.1682.3751.0.4433.14.14.0.0.0.4.175.1370.6j8.14.0....0...1ac.1j4.39.img..4.10.960.ljTkMe9qKPY
※いちご注意


そういうわけで
pino ピノ 香り広がる苺
です。

th_IMG_5268.jpg

苺パウダー入りチョコで
いちごアイスをコーティングしたpino

th_IMG_5269.jpg

断面につぶつぶ感のあるいちごの何かが見えます。

th_IMG_5271.jpg

「香り広がる苺」と強調しているだけあって、
いちご味とともに、いちごの風味がより出る事を主眼に置いているアイスです。

[
名前:pino ピノ 香り広がる苺
種類別:アイスミルク
ブランド:morinaga
販売者:森永乳業
製造者:森永北陸乳業(株)

内容量:10ml×6粒

1粒あたり
エネルギー:32Kcal
たんぱく質:0.4g
脂質:2.1g
炭水化物:3.1g
ナトリウム:5mg

購入金額:130円
購入場所:ローソン
]
posted by 茨木シンフォニー at 01:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

反転夜空世界

空には雲一つなく、
カラスもとうに巣に帰った
新月の夜
空は暗幕となり、
針で刺したように開いた空の穴から、
光が差し込む
きっと暗幕の裏側には
明るい世界があるのだろう。

時間を止めて、世界のネガとポジを反転させる。
夜空は明るい円盤となって
そこには無数の暗い斑点。
白地に黒が映えて、
あぁ、まるで、牧場しぼりチョコチップのようだ、
牧場しぼりチョコチップに混ざったチョコレートは
黒く光る星雲なのか。

そうして我々は
星雲を経口摂取する。
生乳仕立てのバニラアイスは
反転夜空で
そうして我々は、
消化器官に夜空を送り込む。
これはおすすめなのだ。

というわけで
濃厚でなめらか
牧場しぼり チョコチップ
です。

ミルク感たっぷりないつもの牧場しぼりのアイスに
チョコチップが入っております。

th_IMG_5260.jpg

結構前から牧場しぼりはフィルム外装+内側カップ
という感じにあんっておるのですが、
二重のパッケージ必要なのかといつも思います。
(牧場しぼりに限らず、他のアイスでもそうですが)

th_IMG_5262.jpg

甘いチョコがミルクアイスに混じっていて
甘うまコクうまのコラボでよい。

[
名前:牧場しぼり チョコチップ
種類別:アイスクリーム
ブランド:glico
販売者:江崎グリコ株式会社
製造者:茨城グリコ株式会社

内容量:120ml

エネルギー:212Kcal
たんぱく質:3.9g
脂質:11.1g
炭水化物:24.0g
ナトリウム:54mg

購入金額:126円
購入場所:ファミリーマート
]
posted by 茨木シンフォニー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

夜、自転車で家に帰る途中にスーパーに寄る。
最近のスーパーは遅くまで開いているんだな、
しかもコンビニみたいにその場でドリップしたコーヒーまで飲めるようになっている。
まるでカフェじゃないか。
買い物カゴにインスタント焼きそばとお菓子を放り込む。
なんとなくスーパーに入った時はいつも商品棚の前をウロウロして、何を買おうかと考えあぐねてしまう。
店の中に入る前の自転車に乗っている時だったら、「あぁ、なんとなくアレが食べたい」とかあるんだけど、
なんとなく、なので、店に入ったら忘れてしまう。
朝に目覚ましで起こされたら直前に見ていた夢を思い出せないように、
あるいは風呂場で考えていたアイディアが風呂から上がったら忘れているように。
そういうわけで、二つくらいの商品棚を八の字にうろうろとうろついた挙げ句、焼きそばとビスケットをカゴに入れるだけ。
つまんない人間だよ。
しかも家に帰ったら晩ご飯はあるはずなので、これは間食ときたもんだ。
夜なので他に買い物に来ている客がほとんど居ないのが幸いだな。
あんだけうろうろしていたらさぞ怪しまれただろうさ。
ただ、アイスコーナーでの買い物はけっこう迅速だよ。
食べた事のないアイスに絞って、そっから軽く選別するだけだからね。
箱入りアイスはよっぽどじゃないと、パスだ。
なんせ買い物袋は商品代と別にお金かかるしな。
大きな袋の手持ちがない。
小さい袋なら持っているからなんとかなる。
あとは、まだこの時期、夜は寒いのがよかったよ。
家まで10分くらいかかるからさ、
家に着くまでアイスが溶けないようにしなくちゃなんないからさ。
そうやって、他の独身男性が遅い晩ご飯を買っている後ろに並んで、レジを済ませる。
店の外にはなんか高校生くらいの兄ちゃんたちがたむろしてる。暇なのか。
暗い夜道を車に気をつけながら帰る。
そうやって俺はスーパーでアイスを購入しているんだよ。
この時期はさ。
なんのポリシーも無い、普通の買い物だよ。
つまんない人間だよ。

そういうわけで、
フロールカップ チョココーヒー
です。

th_IMG_5256.jpg

これは上下が二層に分かれているのであります。

上部が、チョコがけのバニラアイス、
下部が、チョココーヒー味のフローズンアイスとなってますです。

th_IMG_5259.jpg

これのいい所は、手に持ったまま、上のアイス部分をそのまま食べられるという所で、
悪い所は、下のフローズン部分を食べるにはスプーンが必要という所でしょうか。

上のアイス部分は、かかっているチョコレートが思ったよりパリパリしていてよい。
しっとりしていて、くにゅっ、となる感じではなくて、しっかりパリパリ。
アイス自体は特筆すべき所はないです。バニラアイス。

下がほんのちょっと、お、となることがあって、
チョココーヒー味のフローズンなあれなのですが
これはあれだ。あれ。あれ。
パピコチョココーヒーっぽい。
粒子はパピコに比べると、だいぶ荒いですけれど、
味はパピコのチョココーヒー味に似てる。
というか、「パピコに似てるんじゃね?これ」と思ってたのですが
さっきこのアイスのパッケージ確認したら「チョココーヒー味」とあったので
パピコの味とおんなじなんですね。
ところであんまり関係ないですが、
記念パピコのパピコ食べたいです。
あれほど俺向けのアイスも無いと思いますから、
記念パピコ食べたいです。
話それましたが、だからその下層アイス部分は、
パピコをスプーンで掬って食べている感があるわけなんですね。

[
名前:フロールカップ チョココーヒー
種類別:ラクトアイス
ブランド:センタン
製造者:林一二株式会社TE

内容量:260ml

エネルギー:260Kcal
たんぱく質:3.3g
脂質:10.9g
炭水化物:37.1g
ナトリウム:58mg

購入金額:90円
購入場所:AEON
]
posted by 茨木シンフォニー at 10:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

安ソフトの最大公約数

白い絶壁に蠱惑的に蠢くように襞がうねる。
その隙間に舌を穿ち、絶壁を下ってゆく。
ふわふわで白い絶壁を。

th_IMG_5250.jpg

やがてやわらかな岩肌へ舌を下ろす。

th_IMG_5251.jpg



というわけで
飽きのこない バニラ味のソフト
です。

ソフトなコーンにやわらかなミルクアイスです。
そもそも個人的にイオンのプライベートブランドがあまり好きではないというのがありまして
(詳細は省きますが)
どうしてもその先入観が拭いきれずに評価は低め。
ホイップクリームを冷やして固めたという食感と味。
まぁ、うーん、ですねー。

[
名前:AEON 飽きのこない バニラ味のソフト
種類別:ラクトアイス
ブランド:TOPVALU
販売者:イオン株式会社
製造者:田口食品株式会社

内容量:200ml+コーン

エネルギー:217Kcal
たんぱく質:4.3g
脂質:9.9g
糖質:27.4g
食物繊維:0.5
炭水化物:g
ナトリウム:81mg

購入金額:78円
購入場所:AEON
]

ところでこの栄養表示、厚生省の栄養表示基準に則っていないように思うのですが
どうなのでしょうか。

th_IMG_5252.jpg

posted by 茨木シンフォニー at 03:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする